バナー

交通事故で弁護士に相談や依頼するメリット

交通事故に遭遇したとき弁護士に依頼するメリットは沢山あります。1つは、黙っていてはお金は支払われないということです。


交通事故に限らず、事故に遭った場合は損害が発生しますが、自動的に損害金が支払われるということは1つもありません。

そのかわり、自分で調べて証拠を集めて相手を訴えていくことになります。その際に、こんなときはどう計算したらよいのか、こんな金額まで相手に請求してよいのか?などわからないことだらけですが誰も教えてはくれません。
そんなときに聞くのは法律のプロの弁護士です。

また、それだけではなく、相手が任意保険会社に加入していれば、その保険会社から保険が支払われますが、その交渉は素人では非常に不利です。
なぜなら保険会社は交通事故のプロなので、どんどん相手の都合が良いように押し切られてしまうだけです。

Yahoo!知恵袋情報を厳選して紹介します。

そのようなときに、弁護士に相談するとどうなるでしょうか?まず最初に先生は、何をどう計算すればよいのかなどを丁寧に教えてくれます。また、その話を聞いている過程で、「これは自分がやるよりも法律のプロにすべてを任せたほうが得だなぁ」ということがわかってきます。



事実そのほうが先生に報酬を払っても得なことが多いです。

また、一番大きなメリットは、たとえ話し合いがこじれて裁判になったとしても、弁護士の依頼者は一切法廷に出てくる必要はありません。



すべて先生が依頼者に代わって、法廷で闘ってくれるからです。このように弁護士は被害者に代わって相手と交渉したり損害を請求したりする代理人です。
その為に、交通事故の際は、すべてを一人でやろうとはせずに、何かにつけて法律事務所に相談すると、交渉がとても有利に運びます。